こどものこと

嬉しかったこと 2010.1.19と20

もう1週間前の話になりますが・・・

園に職場体験の中学2年生たちがやってきました。

その中に卒園生のYちゃんがいました。

Yちゃんは 卒園するとき

「おおきくなったら ○○ほいくえんの せんせいいになりたいです」

とはっきりと大きな声で言いました。

○○保育園とは、もちろん、私が勤めていてYちゃんが卒園した保育園のことです。

そのYちゃんが職場体験で“お里帰り”を果たしたのです。

もう、それだけでも嬉しかったのに

小さい保育園の子どもたちと遊んでいる姿は

あのころのまま・・・happy01

あのまんま大きくなったんだ~。

と、感慨ひとしおでした。

しっかりものだったけど、さびしがりやでもあったね。

今度は本当の先生になって戻ってきてねheart04

| | コメント (2)

娘について・・・大人絵本会を通して

カテゴリーの「こどものこと」はいつもは保育園のこどもですが、
今日はうちの「こどものこと」です。

11月15日、ツイッター上で開催されている『大人絵本会』。
今回の絵本は先日亡くなられた佐野洋子さんの『さかな1ぴき なまのまま 』でした。

さかな1ぴき なまのまま

きっと、今出会うべき絵本だったなと思いながら読み進めていくうちに
ふと、娘に読ませたくなりました。

彼女は高校1年の時に友だちとうまくいかなくなり
ネットで中傷され学校をやめました。

そのときに支えてくれたと思っていた中学の時に中がよかった子にも
その後なぜか仲間はずれにされました。

自分を大きくみせようと(母にはそう見えます)つっぱっているけれど
実は自分を表現するのが小さい時から下手な子だったからな・・・

次の年に通信制の高校に入り直し、そこで娘と同い年で子もちの
Hちゃんに会いまして、今はとても楽しそうです。

ポツンと
「この(通信制の)高校で友だちができるなんて思わなかった」
と言ったことがあります。
彼女なりに苦しかったのでしょうね。
よく耐えたな~と思います。

いろいろなことに耐えて乗り越えてきた子だから
読ませてみたい!と思ったのです。

ものすごく真剣に読んでいました。
第一声は
「むずかしいね~これ」
ありゃ、まだむりだったか?

でもその次に出た言葉は
「へびは頭がいいね」

「おばあさん、こわいね」
でした。

でも、まてよ、ねこのことが一言も出てこない。
ねこのことは?と聞いてみたかったけど、やめました。
もしかしたら まだ傷は癒えきっていないのかも、と思ったからです。

娘がねこのことを言えるようになるにはまだ時間がかかりそうだな~
もしかしたら 今の私の年になってからかも・・・
それでいいのかもしれない。

いろいろなことがあったけれど娘の周りには、必ず力になってくれる人
支えてくれる人がいました。
そのことには気がついているようです。
心の傷みをわかっているから、人の心の傷みもわかってあげられる人になってほしいな。
いや、わかってるかも、と、親バカな母は思うのでした。

19歳の高校3年生!無理せずがんばれ~!

あーあ このあとあ「わたしはあかねこ」なんて聞いたらまた泣いちゃうよ。
しばらく封印だな!(サトシンさん ごめんね)

大人絵本会を通してこんなことまで考えられるなんて…すごい会だな。

| | コメント (2)

手をつなごうキャンペーン

ブログで知り合った『あそびっこ』さんがすてきなキャンペーンをしています。

手をつなごうキャンペーンといいます。

興味のあるかたはぜひのぞいてみてください。

手をつなごうキャンペーン

| | コメント (2)

土曜日の保育

土曜日の保育
土曜日、お仕事でした。
午前中は大掃除のため忙しかったのですが、
午後からはの?んびりと過ごしました。
子どもの人数も3人?
その中の一人、Kくんはトカゲとりの名人です。
「トカゲさがしにいく」
と言ってから、5分もしないうちに捕まえてきました。
野性のカンか・・・?
この子は三男坊ですが、兄ちゃんたちもトカゲとりや、虫探しが上手だったなぁ。

| | コメント (2)

Kちゃんのうれしかったこと

おー、久しぶりの更新だあ!!!

さて、話はがらっと変わりますが・・・

1歳児のKちゃんがある日、嬉しそうに絵本を2冊持ってきました。

それは

Book ズボンのクリスマス (クリスマスの三つのおくりもの)

著者:林 明子
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2冊とも同じ本でした。
「おんなじだよー」と言いながらとても嬉しそうでした。

そして「よんでー」と言って私のひざの上に乗りました。

読み終わると、もう一冊を渡し、
また「よんでー」と催促。

それも読み終わると嬉しそうに
「おんなじだねー」
との一言。

Kちゃんの大発見!
そして嬉しいできごとでした。

| | コメント (2)

遊びの天才

子どもは遊びの天才です。

何も遊具がなくても、そこにあるものすべてを遊具にしてしまいます。

002 公園にあった土管は子どもにとって“夢の遊具”かも・・・
上に上ろうとがんばったり
棒でたたいて楽器にしてみたり
中に入って秘密基地にもできる!

008 こんなものみつけました。
どんぐりにもいろいろな種類があることを
この仕事をしていなければ
気づかなかったろうなあ・・・
それにしても、ちっちゃいおててにおっきなどんぐり!

006 下を向いてばかりではいけません。
上を向いたら、木にこんな実がなっていました。
これに気づいたのも、やっぱり子どもです。

009近くの池にはかめさんが・・・
子どもが見つけたというより、
カメさんが子どもを見つけたかのように
首をのばしていました。

子どもたちはたくさんのものをみつけ、それをすべて“仲間”にします。
発見して、遊んで、大人たちにもいろいろなことを気づかせてくれたり、
思い出させてくれたり・・・

遊びの天才!というタイトルだったけど遊びだけではなく、人生を楽しむことの天才かもしれないな・・・ちょっと大げさ?!

最近、絵本を読みがたる機会が少なくなっています。
ちょっと寂しい私です。

| | コメント (0)

子どもたちと自然ー恐竜再びー

子どもたちと自然ー恐竜再びー

子どもたちと自然ー恐竜再びー

昨日は雨でお外には出られませんでした。今日は晴れたのでT公園へ行き、たっぷり恐竜探しをしました。
上の写真は恐竜が壊した砂場のふち、下の写真は恐竜の足の骨です。
その他の今日の発見は・・・
・木に緑色、黄色、白い色が着いていたので恐竜は三頭いた。
・木に穴があいていたのは爪で傷をつけたから。
・大きな石(直径7㎝位)は恐竜のたまご。
ということです。

子どもの柔軟な想像力と発想力に感心するのはもちろんですが、自然が子どもたちと遊んでくれているのだなぁ、と思いました。
下の写真は地面に出ている桜の木の根っこ、上の写真は違う桜の木の根っこがコンクリートのふちを押し上げてひびが入っているものです。
自然の力と子どもたちが見事に結びついたのです。すごいなぁと思いつつ、実は物凄くうらやましい私なのでした。



今、子どもにはいったい何が必要なのでしょうね。ふとこんなことも考えたりもするのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもの想像

子どもの想像

今うちの保育園は恐竜ブームです。どこへお散歩に行っても恐竜が通った痕跡がみつかるのです。
写真は木についた恐竜の跡です。公園が狭いので体が木についたというのです。その結果、ここを通った恐竜は黄色と判明!
近くの神社では恐竜の骨(実は根っこ)までみつかりました。
 どこまでこの恐竜ブームが続くのか楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

みんな一生懸命

 P1010516

  この写真はいずれも1歳児の男の子、Rくん(6月生まれ)Sくん(7月生まれ)Nくん(7月生まれ)です。3にんとも自分でズボンをはきました。はじの二人はシャツがべろーんと出ていて、真ん中のSくんは、オムツをしているのでズボンの後ろ側がうまく上がらずオムツ丸出しです。でも三人とも自分でズボンを履くことができて「でーきたっ!」と大きな声で言い、実に満足げです。もちろんふざけているわけではなく、なんでも一生懸命なのです。
 なんだかうらやましくもあり、反省することあり、の一枚です。
 
 

    このブログは昨日アップしようと思ったのに寝てしまいました。今の季節は布団が気持ちいいからなぁ…
 
 
今日は娘がカレーを作ってくれたので夕飯の支度をしないで良かったのでラクチンでした。ありがとー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こどものちから

こどものちから

 今週は雨にたたられ、なかなかお外で遊ぶことができず、今日はようやく遊べるなぁと思ったら、なんと!急に雨が降り出しまたまたお部屋の中で遊ぶこととなりました。
外で遊ぶことができず、イライラしていることだろうと思っていました。実際、朝は2歳児の男の子三人衆がブロックで武器を作って大暴れでした。
午前のおやつ後は戦いごっこをしないという約束でまたブロックを出しました。すると今度は三人でそれは見事なおうちを作りあげたのです。じっくりと時間をかけて・・・。
大きな声を出して暴れるだけ暴れるのも時には必要だと思っています。でもこんな時間も必要なのだと改めて感じました。

そして2歳児の女の子、Yちゃん。じっくりとお皿を並べて見事な回転寿司を完成(写真)お見事!としか言いようがありません。

晴れていようが雨だろうが、お部屋だろうがお外だろうが、こどものちからはいかんなく発揮されています。
見ていて私もウキウキ、ワクワク。とても楽しかったです。これもこどものちから!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧