原画展

子どもの文化 夏季セミナーと熊田千佳慕展

今日は“子どもの文化研究所”主催の
“子どもの文化 夏季セミナー”に参加してきました。

五つの分科会に分かれていたのですが、
私が出席したのは、長縄泰子先生の
『てぶくろ人形 魔女とカラス』でした。

私は、クイーンオブ不器用と呼ばれるほどの(呼んでいるのは夫)ぶきっちょ・・・
こんな私にできるのか、と心配していました。
そして、ぶきっちょなくせに、そういうことが好き、という始末の悪さ。

でもなんとかなるだろうと急にかるーい気持ちになり、目白まで出かけて行きました。

30分前に到着したのに、さすが人気講座だけあってすでにたくさんの人で埋め尽くされていました。

配られた魔女のキットをあけると・・・
よかった、帽子、ブーツはもうできている。
これならば、時間内にできるかな。

で、できたのがこの二つです。
Photo

ね、なんとかみられるでしょheart04
こんな私に教えていただいた、長縄先生、他の講師の方々、
本当にどうもありがとうございました。

そして、それが、3時半に終わったので、
銀座まで足を延ばし、
『熊田 千佳慕展』へ、行ってきました。

Photo_2

12日から始まったこの原画展、13日に本人が亡くなられたとのことです。
数えで99歳だったとのこと。
ご冥福をお祈りいたします。

原画はどれもすばらしく、とても緻密で、写真よりきれい
なんて、思ってしまいました。

見ていて思わずフフッと笑ってしまうものもありました。

私の大好きな“ふんころがし”の絵がもうずーっと見ていて、観察したい気持ちになりました。
さすが“プチファーブル”

で、図録を購入!でもやっぱり原画にはかなわず・・・
それはしかたないですね。

この原画展は銀座の松屋で明日までやっています。

銀座で電車を降りて、ものすごい方向音痴な私は、
今日も出口をまちがえました。
松屋の目の前の出口に行きたかったのに、ちょっと離れた出口にでてしまいました。

でもそのおかげで、おもしろいのをみつけました。
Photo_3

時計だと思うのですが
なんだろう・・・
で、何時?

| | コメント (2)

エリック・カール展

今日は銀座・松屋で開催されていた『エリック・カール展』へ出かけてきました。
うちの子どもたちが、まだ小さい頃に読んだ『はらぺこあおむし』をなつかしく見てきました。
穴に指をつっこんではらぺこあおむしごっこしてたっけ、で、破ってたなぁ。
なんでことを思いながら見てたらなんだか元気になりました。
実は今週、へこんでました。
これくらいで元気になるならまだ大丈夫だっ!

| | コメント (2)

丸木俊さんの原画展

11月3日、丸木俊さんの原画展へ行ってきました。

場所は池袋と目白の間にある小さな(失礼)おみせの一画です。

私の知っている丸木俊さんは原爆の図であったり、戦争中の沖縄、というイメージが強いのですが、この原画展は『ロシアのわらべうた』の原画展でした。

私のイメージとはかけ離れた優しい優しい絵でした。見ながらなんだかホッとしたというのが正直な感想です。

今は前期の展示で、14日からは後期の展示をするそうです。

もちろん出かけるつもりです。

実は、女性特有の病気にかかっていた私、しばらく家のことがなにもできなくなっていました。気がついたら、家の中はシッチャカメッチャカ(笑)

ここまで我慢してくれた家族に感謝です。

感謝できるということはよくなったんだなーとしみじみ思っています。

で、きょうは掃除デーとなりました。

このキレイさを保たねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)