講座

2011/5/14平均律とクレヨンハウス(クレヨンハウス編)

続き

心とおなかがたっぷりと満たされた後、

クレヨンハウス』へ向かいました。

この日は連続講座 子どもの本の学校 21期の第一回目が行われたのです。

講師は作家の 今江祥智さんで、“子どもの本の海で-50年”というテーマでした。

実際には作家生活は50年以上だそうで

1957年に初めての童話を書いたのだそうです。

実はこの時、現在の福音館書店の相談役である松居直さんに借金を

頼みに行き、童話を書くのを条件に貸してもらったそうです。

もし、この時松居さんに借金を頼みに行っていなかったら

普通の小説を書いて、今頃は消えていただろう、 と

おっしゃっていました。

松居さんのことを、文句を言いながらも

“子どもの本を変えた男”とおっしゃるあたり

本当は仲が良くて 良い関係なのだろうなと思いました。

今江さんは“子どもの本の学校”の1期から講師をなさっているそうで

「なんにも話すことがないから質問をうけます」

と、質問形式の講座になりました。

でも、質問したことがどこかにいってしまったり、

横にそれたりして おもわず吹き出してしまうことも・・・

その中で私の中に残った質問と答えは

質問「すてきな三にんぐみという邦題はどうしてつけたのか?」(原題を直訳すると“三人の   どろぼう”)

→答え「読んだら この三人がステキだったから。しゃあしゃあとどろぼうを主人公にするとは、アンゲラーという人はすごい人。日本ではありえない。これはいい意味での夢物語である」

質問「四角いクラゲの子、ひげのないひょうなど、どういう視点で書いているのか?」

→答え「1クラス55名の生徒を受け持っていた6年間の教員時代に生徒をみながら
リアリズムで書いた。ファンタジーが下手だから。いぬいとみこさんやさとうさとるさんのファンタジーを読んだら書けん」

質問「最近“これは!”という作品は?」

→答え「これは本、くうき、皿と紙ひこうき。」
「本との出会いは人による。10冊買ってその中にこれは!!という1冊があればとてもラッキー」
「本との相性は人それぞれで 自分で決める」
「ベストセラーは信用しないが ロングセラーは信用できる」

などなど・・・ほかにも心に残ったものはあったのですが、

ここには書けないことも・・・

そしてご一緒していた@greenkakoさんが

「ぼちぼちいこかを読んでください」 とリクエストし、実際に読んでいただきました。

なんとこの本にあっているのでしょう!大感激でした。

翻訳をしていて楽しかったと以前お話ししていましたが、納得!の読み方でした。

私の今江さんの印象は失礼ながら“チャーミングなおじいちゃま”です。

しあわせな気分が増したひと時でした

すてきな三にんぐみ すてきな三にんぐみ

四角いクラゲの子 (えほんのもり) 四角いクラゲの子 (えほんのもり)

ちょうちょむすび ちょうちょむすび (ひげのないひょう)

これは本 これは本

 くうき くうき

皿と紙ひこうき 皿と紙ひこうき

ぼちぼちいこか ぼちぼちいこか

ぼんぼん (岩波少年文庫) ぼんぼん (岩波少年文庫)

| | コメント (2)

2011/5/14 平均律とクレヨンハウス(平均律編)

5月14日土曜日

この日は文化的1日となりましたhappy01

まずは、twitterで知り合いになった

@kaorun6さんの絵の個展「花と、お菓子と」に出かけました。

場所は学芸大にある喫茶店「珈琲と紅茶とバロック音楽 平均律」です。

@kaorun6さんの個展は2度目。昨年も開催されたのですが

残念ながら行けず…。

ホームページで絵を拝見して、ぜひ本物がみたい!と思っていたのでした。

本物はやはり違う!なんて優しい絵なの!と大感動!

Epson0016

その感動はやはりパソコン画面ではお届けできません。

だからこそ私は観にいったのですもの。

絵にどんどん引き込まれていったのは言うまでもありません。

@kaorun6さんとおはなしする機会もありました。

実は私も絵を描きたくて水彩色鉛筆なんてものを持っているのですが

なんだかうまく描けなくて躊躇している、というような話をしたところ

「うまく描こうとすると苦しくなるから楽しむことが一番!」

と。そうだった!楽しまなきゃ♪

目から鱗の一言でした。

Epson0032

@kaorun6さん、それはそれは

輝いていました。

そして、そして、そこでいただいたTwitter上でも話題になっていたプリンをいただいてきました。

おいしかった~heart04

おいしすぎて写真を撮るのを忘れてしまいました。

コーヒーは酸味のある方を選びました。(もう一つは苦味があると書いてありました)

これも絶品happy01実は両方おかわりしたかったです。

心とおなかをいっぱいにして

今度はクレヨンハウスへ向かいました。

@kaorun6さんありがとうございました。

続くsun

| | コメント (4)

11月14日 わらべうたで遊ぼう♪とちひろ美術館

11月14日 井草地域区民センターでツイッターで知り合いました@greenkakoさんが
わらべうたの講座を開催してくださいました。

出席者はdaisyuki8さん、ryuryu13さん、sunnysanとお嬢ちゃん、そして私cumako
講師はgreenkakoさんでした。

たっぷり1時間半、わらべうたを楽しみました。

わらべうたは次の通り

このこどこのこ、どのこがよいこ、ちょちちょちあわわ、めんめんすーすー、
ここはとうちゃんにんどころ、めんめんたまぐら、おやゆびねむれ
ここはてっくびてのひら、うまはとしとし、ばくさんばくさん、どっちんかっちん
こーりゃー どこのじぞうさん、こまんか、おふねがぎっちらこ、えんやらもものき
ちゅっちゅこっこ、じーじーばー、にぎりぱっちり、ももやももや、おてんとさん
もどろもどろ、ととけっこう、くまさんくまさん、まるくなれ、たけのこめだした
あがりめさがりめ、こどもとこどもがけんかして、いちにのさん にのしのご
なきむしけむし、いたいのいたいの、だるまさんだるまさん、ずくぼんじょ
おてぶしてぶし、どどっこやがいん、おせんべやけたかな、もちっこやいて
八べえさんと十べえさん、いっちくたっちく、さるのこしかけ、おてらのつねこさん
とうきょうとにほんばし、あずきっちょ、

そしてリアル大人絵本会でも披露してくださった
『くまさんのおでかけ』をくまきちくんと
『二羽のことり』もしょうかいしてくださいました。

知っているわらべうたもありましたが、やり方が違ったりして、
なるほど~今度はこのやり方でやってみよう!
など新鮮な発見がありました。

お忙しい中資料もまとめてくださり本当にありがとうございました。

そのあとは用事で先に帰られたryuryu13さんを見送り
お食事にいきました。

ここはkakoさんのいきつけのお店♪

Ryouri1 こんなおいしい西京焼きのセットをいただいたあと

Ryouri2 おいしいデザートをいただきましたhappy01

おいし~heart04しあわせ!

そして、ここで解散。
私は近くに「ちひろ美術館」があると気が付き
またまたkakoさんのお世話になり
「ちひろ美術館」まで案内していただきました。

kakoさん、何から何までお世話になりました。
本当にありがとうございました。

夏に安曇野のちひろ美術館には行ったのですが、ここは初めて。
住宅街の中にあるにしては大きくて、
緑も多くて、ここが都内?と驚かされました。

人は、まあまあ多かったですが、ゆっくり見ることができました。

Chihiro

椅子に座って、まーったりすることもできました。

ちひろさんの絵は「こんな子、いるいる」と思わせてくれ、
にこっと笑えたり、いろいろ思い出されて、ちょっと泣きそうになったり
不思議な気持ちにさせてくれます。

またこんどゆ~っくりいきたいな。

杉並区と練馬区を満喫(?)した一日でしたgood

| | コメント (2)