« 2011/5/14 平均律とクレヨンハウス(平均律編) | トップページ | こどもの風景 »

2011/5/14平均律とクレヨンハウス(クレヨンハウス編)

続き

心とおなかがたっぷりと満たされた後、

クレヨンハウス』へ向かいました。

この日は連続講座 子どもの本の学校 21期の第一回目が行われたのです。

講師は作家の 今江祥智さんで、“子どもの本の海で-50年”というテーマでした。

実際には作家生活は50年以上だそうで

1957年に初めての童話を書いたのだそうです。

実はこの時、現在の福音館書店の相談役である松居直さんに借金を

頼みに行き、童話を書くのを条件に貸してもらったそうです。

もし、この時松居さんに借金を頼みに行っていなかったら

普通の小説を書いて、今頃は消えていただろう、 と

おっしゃっていました。

松居さんのことを、文句を言いながらも

“子どもの本を変えた男”とおっしゃるあたり

本当は仲が良くて 良い関係なのだろうなと思いました。

今江さんは“子どもの本の学校”の1期から講師をなさっているそうで

「なんにも話すことがないから質問をうけます」

と、質問形式の講座になりました。

でも、質問したことがどこかにいってしまったり、

横にそれたりして おもわず吹き出してしまうことも・・・

その中で私の中に残った質問と答えは

質問「すてきな三にんぐみという邦題はどうしてつけたのか?」(原題を直訳すると“三人の   どろぼう”)

→答え「読んだら この三人がステキだったから。しゃあしゃあとどろぼうを主人公にするとは、アンゲラーという人はすごい人。日本ではありえない。これはいい意味での夢物語である」

質問「四角いクラゲの子、ひげのないひょうなど、どういう視点で書いているのか?」

→答え「1クラス55名の生徒を受け持っていた6年間の教員時代に生徒をみながら
リアリズムで書いた。ファンタジーが下手だから。いぬいとみこさんやさとうさとるさんのファンタジーを読んだら書けん」

質問「最近“これは!”という作品は?」

→答え「これは本、くうき、皿と紙ひこうき。」
「本との出会いは人による。10冊買ってその中にこれは!!という1冊があればとてもラッキー」
「本との相性は人それぞれで 自分で決める」
「ベストセラーは信用しないが ロングセラーは信用できる」

などなど・・・ほかにも心に残ったものはあったのですが、

ここには書けないことも・・・

そしてご一緒していた@greenkakoさんが

「ぼちぼちいこかを読んでください」 とリクエストし、実際に読んでいただきました。

なんとこの本にあっているのでしょう!大感激でした。

翻訳をしていて楽しかったと以前お話ししていましたが、納得!の読み方でした。

私の今江さんの印象は失礼ながら“チャーミングなおじいちゃま”です。

しあわせな気分が増したひと時でした

すてきな三にんぐみ すてきな三にんぐみ

四角いクラゲの子 (えほんのもり) 四角いクラゲの子 (えほんのもり)

ちょうちょむすび ちょうちょむすび (ひげのないひょう)

これは本 これは本

 くうき くうき

皿と紙ひこうき 皿と紙ひこうき

ぼちぼちいこか ぼちぼちいこか

ぼんぼん (岩波少年文庫) ぼんぼん (岩波少年文庫)

|

« 2011/5/14 平均律とクレヨンハウス(平均律編) | トップページ | こどもの風景 »

講座」カテゴリの記事

コメント

私もとても感動しました。
訳者の方に読んでいただけるとは なんて贅沢なのでしょうsign03
おじいちゃまになられると、思い出話が多くなるのかしら…
それだけ楽しくて充実していた時間というか期間なのでしょうね。
また来年もお話が聞きたいですbud

投稿: cumako | 2011年6月15日 (水) 23時46分

「すてきな三にんぐみ」を読んでもらえて感動しました。

昨年も聞いけど、確実に年齢を重ねられたなぁという印象があります。3期だったか4期くらいから参加しているので、何回も今江さんのお話を聞いているのですが、10年くらい前と今でもおじいちゃまになられたなぁ~と。

確実に松居さんとの思い出話が増えてきました^^

お二人の出会いがなかったら、名作絵本のいくつかはこの世に誕生してなかったのですね~

投稿: みどり(kako) | 2011年6月14日 (火) 14時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2011/5/14 平均律とクレヨンハウス(平均律編) | トップページ | こどもの風景 »