« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年11月

娘について・・・大人絵本会を通して

カテゴリーの「こどものこと」はいつもは保育園のこどもですが、
今日はうちの「こどものこと」です。

11月15日、ツイッター上で開催されている『大人絵本会』。
今回の絵本は先日亡くなられた佐野洋子さんの『さかな1ぴき なまのまま 』でした。

さかな1ぴき なまのまま

きっと、今出会うべき絵本だったなと思いながら読み進めていくうちに
ふと、娘に読ませたくなりました。

彼女は高校1年の時に友だちとうまくいかなくなり
ネットで中傷され学校をやめました。

そのときに支えてくれたと思っていた中学の時に中がよかった子にも
その後なぜか仲間はずれにされました。

自分を大きくみせようと(母にはそう見えます)つっぱっているけれど
実は自分を表現するのが小さい時から下手な子だったからな・・・

次の年に通信制の高校に入り直し、そこで娘と同い年で子もちの
Hちゃんに会いまして、今はとても楽しそうです。

ポツンと
「この(通信制の)高校で友だちができるなんて思わなかった」
と言ったことがあります。
彼女なりに苦しかったのでしょうね。
よく耐えたな~と思います。

いろいろなことに耐えて乗り越えてきた子だから
読ませてみたい!と思ったのです。

ものすごく真剣に読んでいました。
第一声は
「むずかしいね~これ」
ありゃ、まだむりだったか?

でもその次に出た言葉は
「へびは頭がいいね」

「おばあさん、こわいね」
でした。

でも、まてよ、ねこのことが一言も出てこない。
ねこのことは?と聞いてみたかったけど、やめました。
もしかしたら まだ傷は癒えきっていないのかも、と思ったからです。

娘がねこのことを言えるようになるにはまだ時間がかかりそうだな~
もしかしたら 今の私の年になってからかも・・・
それでいいのかもしれない。

いろいろなことがあったけれど娘の周りには、必ず力になってくれる人
支えてくれる人がいました。
そのことには気がついているようです。
心の傷みをわかっているから、人の心の傷みもわかってあげられる人になってほしいな。
いや、わかってるかも、と、親バカな母は思うのでした。

19歳の高校3年生!無理せずがんばれ~!

あーあ このあとあ「わたしはあかねこ」なんて聞いたらまた泣いちゃうよ。
しばらく封印だな!(サトシンさん ごめんね)

大人絵本会を通してこんなことまで考えられるなんて…すごい会だな。

| | コメント (2)

11月14日 わらべうたで遊ぼう♪とちひろ美術館

11月14日 井草地域区民センターでツイッターで知り合いました@greenkakoさんが
わらべうたの講座を開催してくださいました。

出席者はdaisyuki8さん、ryuryu13さん、sunnysanとお嬢ちゃん、そして私cumako
講師はgreenkakoさんでした。

たっぷり1時間半、わらべうたを楽しみました。

わらべうたは次の通り

このこどこのこ、どのこがよいこ、ちょちちょちあわわ、めんめんすーすー、
ここはとうちゃんにんどころ、めんめんたまぐら、おやゆびねむれ
ここはてっくびてのひら、うまはとしとし、ばくさんばくさん、どっちんかっちん
こーりゃー どこのじぞうさん、こまんか、おふねがぎっちらこ、えんやらもものき
ちゅっちゅこっこ、じーじーばー、にぎりぱっちり、ももやももや、おてんとさん
もどろもどろ、ととけっこう、くまさんくまさん、まるくなれ、たけのこめだした
あがりめさがりめ、こどもとこどもがけんかして、いちにのさん にのしのご
なきむしけむし、いたいのいたいの、だるまさんだるまさん、ずくぼんじょ
おてぶしてぶし、どどっこやがいん、おせんべやけたかな、もちっこやいて
八べえさんと十べえさん、いっちくたっちく、さるのこしかけ、おてらのつねこさん
とうきょうとにほんばし、あずきっちょ、

そしてリアル大人絵本会でも披露してくださった
『くまさんのおでかけ』をくまきちくんと
『二羽のことり』もしょうかいしてくださいました。

知っているわらべうたもありましたが、やり方が違ったりして、
なるほど~今度はこのやり方でやってみよう!
など新鮮な発見がありました。

お忙しい中資料もまとめてくださり本当にありがとうございました。

そのあとは用事で先に帰られたryuryu13さんを見送り
お食事にいきました。

ここはkakoさんのいきつけのお店♪

Ryouri1 こんなおいしい西京焼きのセットをいただいたあと

Ryouri2 おいしいデザートをいただきましたhappy01

おいし~heart04しあわせ!

そして、ここで解散。
私は近くに「ちひろ美術館」があると気が付き
またまたkakoさんのお世話になり
「ちひろ美術館」まで案内していただきました。

kakoさん、何から何までお世話になりました。
本当にありがとうございました。

夏に安曇野のちひろ美術館には行ったのですが、ここは初めて。
住宅街の中にあるにしては大きくて、
緑も多くて、ここが都内?と驚かされました。

人は、まあまあ多かったですが、ゆっくり見ることができました。

Chihiro

椅子に座って、まーったりすることもできました。

ちひろさんの絵は「こんな子、いるいる」と思わせてくれ、
にこっと笑えたり、いろいろ思い出されて、ちょっと泣きそうになったり
不思議な気持ちにさせてくれます。

またこんどゆ~っくりいきたいな。

杉並区と練馬区を満喫(?)した一日でしたgood

| | コメント (2)

11月13日 子どもの本の学校・ねじめ正一さん

11月13日土曜日 クレヨンハウス

子どもの本の学校・ねじめ正一さん「言葉の関節はずし」

ねじめ正一さんと聞いて、思い浮かんだこと私と同じ、ジャイアンツファンだということ、
高円寺純情商店街 (新潮文庫)』の著者だということ、
テレビにコメンテーターとしてでているなーということ。

Book著者:ねじめ 正一高円寺純情商店街 (新潮文庫)
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

失礼ながらそんなところでした。

そして重ねがさね失礼ながら、今回初めて、詩人だと知りました。

かあさんになったあーちゃん 』をご本人が朗読してくださいました。
まあ、そのおもしろいこと!
ご本人の読み方もおもしろかったのですが、詩の内容もおもしろく
なんだか、小さい時に覚えがあるなー、うちの子どもたちも
小さい時に やったっけ、
など読んでもらってる間にそんなことを考えていました。

なんだかユニークな詩、」そしてねじめさん。

そんなねじめさんが尊敬してやまないのが谷川俊太郎さんだそうです。
谷川さんは言葉の反射神経が人とは違い、職人芸だ!と断言しておられました。

ほかにもたくさんユニークなお話しをしてくださいましたが、
このことが一番印象に残りました。

かあさんになったあーちゃん かあさんになったあーちゃんは絵本にもなっています。

えほん あいうえおにぎり えほん あいうえおにぎり

これもことばあそび、そして絵もユニーク

荒地の恋 (文春文庫) 荒地の恋 (文春文庫)

これは話題作だそうで、読んでみたい!と思いました。

楽しい時間はあっという間!

今回もgreenkakoさんとご一緒させていただきました。
楽しい時間を共有できて嬉しく思います!
いつもありがとうございますhappy01

| | コメント (0)

11月4日 リアル大人絵本会 inよるのひるね

今更ながら、11月4日のご報告です。

「大人絵本会」はツイッター上で不定期に開催される絵本好きの集まりです。
@ehonwolfさんの主宰です。
夜の10時から開催されることが多いので、
すぐに眠くなる私は 寝落ちすることが多いのでcoldsweats01

そんな私や、
今回初めて参加する人も大歓迎!

よるのひるねという阿佐ヶ谷にある古本の置いてあるカフェで
リアル大人絵本会が開催されました。

幹事の@greenkakoさん@kaorun6さん@natume32123さんのおかげで、
とても楽しい会となりました。

まずは幹事でもある@greenkakoさんがかわいいことりちゃんを使って
マザーグスが元になっている『にわのことり』を披露してくださいました。

そして自己紹介。

そこから順番に素話をしたり絵本を読んだり・・・

@greennkakoさんが かわいいくま吉くんと共に

Kumakiti_2

中川李枝子さんの『くまさんのおでかけ』
を語ってくださいました。

このおはなしは東京子ども図書館から出版されている
『エパミナンダス』に収録されています。

そして、私も違うバージョンの「にわのことり」を披露し、
うちわで作ったいないいないばーも紹介させていただきました。

次に保育士の@ohesonogomaさんがサトシンさんの とこやにいったライオン

とこやにいったライオン

を読んでくださいました。
著者が読むよりおもしろい!と大好評でした。

@daisyuku8さんはタイ語で『はみがきフォンくん』という本を読んでくださいました。
タイ語に触れるのは初めて。
解説(というか翻訳)をしていただき楽しかった。

@Hnna_mama_sanには英語でマザーグースの本を読んでいただきました。

このあたりで、私ってなんにも知らないな~と痛感。
まだまだ勉強不足です。

みなさんがものすごーく優秀な方に見えて(実際そうなのですが)
私一人アホがいるな~、なんて思ってました。
でも一人ぐらいアホがいてもいいかhappy01

@ehonwolfさんは

ほらいしころがおっこちたよねわすれようよ ほらいしころがおっこちたよねわすれようよ

を読んでくださいました。引き込まれてしまいました。

@ryuryu13さんは『ひょうたんめん』(神沢利子 文)を
@komikiitsumaさんは、ご自身がお仕事でかかわっていらっしゃる
『ブックバード日本版』を
@kojifujiさんは偕成社の部長さん!ということで

もりのおくのおちゃかいへ もりのおくのおちゃかいへ


をそれぞれ紹介してくださいました。

最後に@greenkakoさんが

それ ほんとう? (福音館創作童話シリーズ) それ ほんとう? (福音館創作童話シリーズ)

の一部を読んでくださり、あっという間の3時間が終了いたしました。

読んでもらうのって楽しい。
とにかく楽しくて楽しくて・・・でした。

@kojifujiさん、@komikiitsumaさん、おみやげありがとうございました。

幹事の@greennkakoさん、@kaorun6さん、@natsume32123さん
おせわになりありがとうございました!

| | コメント (0)

今日は何を読んだかな

 とこやにいったライオン

とこやにいったライオン

今日はこの本を読みました。

とにかく笑える!
大人も子どもも反応は
「なんじゃ!そりゃ!」

無条件に笑って
楽しくお昼ご飯を食べることができました。

5歳児のNちゃん「なにそれ~」(げらげらとおおわらい)
4歳児のRくん「あはははははははh・・・・!」

おまけ
19歳のうちの娘「続きがきになる~!このあとどうなったの~
サトシンさん、続きをおねがい~」(と笑いながら言う)
21歳うちの息子「このライオンはいいやつに違いない!」

そんな感想でした。

なにか嫌なことがあったときに読むといいかも・・・

| | コメント (0)

「チーム うんこ」隊員養成講座 夏総決算・最終回

9月26日

「チームうんこ」の隊員養成講座に参加しました。

『うんぴ・うんにょ・うんち・うんご』『うんこダスマン』の村上八千世さん、
『うんこ!』のサトシンさん、
二人の“うんこ作家”で結成された
その名も 「チームうんこ

名前は「えっcoldsweats02」と驚くほどのインパクト。
でも大マジメなチームなのです。

以下は養成講座の際に配られた資料より引用します。

コンセプトは「オープンうんこ」

小学生になると学校でうんこをするのが恥ずかしくなったりします。
誰でも、どんな生き物だって生きている限りはうんこをするのに、
どうして「恥ずかしい」と思うようになるのでしょう?
生きていればうんこが出るのは当たりまえ。
しかし、こんな当たりまえのことが当たりまえに言えなくなっているのが現状です。

だからこそ、「オープンうんこ」。
うんこを正々堂々とオープンに語り合い、
うんこの大切さを、うんこのけなげさを、うんこの偉大さをアピールすれば、
おかしなからかいや、いじめにうんこが使われることもなくなるのでは。

うんこにしっかり向き合えば、
変な誤解も解け、極端な清潔志向にストップをかけることだってできるでしょう。
それはとってもエコであり、環境問題ともつながっているのです。

子どものトイレットトレーニングのころを思い出してみてください。
「いいうんこが出たね~」とうんこを肯定的に捉えていたのに、
子どもが大きくなってしまったら、うんこの話は「はしたない話」になってしまいます。

うんこの大切さはすっかり」どこかへ行ってしまい、
まるで汚くてクサイだけの迷惑な存在になりさがってしまうのです。

だけどモノゴトにはプラスの面とマイナスの面が必ずあるのです。
うんこのマイナス面だけが強調されていてはうんこも気の毒です。
うんこのプラスの面をもっとアピールしなくては!

それにそもそも、子どもも大人も「うんこの話」は大大大スキ!
だって「うんこ」とひとこと言っただけで子どもも大人もニンマリ笑顔になるじゃないですか?

ほんとうはみんな「うんこ」の話をオープンにしたいと思っているに違いないのですよ。

(以上 原文のまま)

私がこの話に興味を持ったのは
たまたま、サトシンさんとお知り合いになれた、というのもありますが
それだけではないのです。

私の勤めている保育園で
4歳児の女の子がトイレで“うんこ”をしている と言って
5歳児の男の子4人がからかったのです。

私はこの4人を叱りました。
大事なことをしているのに なんでからかうんだ!
あなたたちは、うんこをしないのか!と。

でも、もしかしたら、この子たちは
うんこが大事だ!ということを
知らないのではないか、と気がつきました。
だって、タブーにすらしている“うんこ”ですから。

そんな時にサトシンさんと出会い、
この「オープンうんこ」そして「チームうんこ」に出会ったわけです。

子どもたちに「うんぴ・うんにょ・・・」の絵本を読みました。
「うんこってだいじなんだなー」
こんな言葉がでてきました。

どこまで理解できているかはわかりません。
でもどこかで覚えていてくれている、と信じています。

そうすればうんこのいじめはなくなっていくと
それも信じています。

わからないで、からかって、言われた方は傷ついて・・・
こんな不幸なことはありません。

なんでもオープンに話して
もっともっとわかってほしいな
大切な“うんこ”のことを・・・

そんな思いで参加した
「チームうんこ」養成講座でした。

そして『うんこダスマン体操』をして
楽しくうんこを学び
私も「チームうんこ」の隊員となったのでした。

うんぴ・うんにょ・うんち・うんご―うんこのえほん うんぴ・うんにょ・うんち・うんご―うんこのえほん

うんこダスマンたいそう―CD付うんこのえほん うんこダスマンたいそう―CD付うんこのえほん

うんこ! うんこ!

| | コメント (2)

ガイコツちゃん型紙

ガイコツちゃん型紙
結構リクエストの多かったガイコツちゃん型紙です。

斜線部分は切り落としてください。
首の付け根と長い線の一番左は最後まで切っちゃ行けません。

ハロウィン終わりましたが、やってみてください。

| | コメント (3)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »